東根市さくらんぼマラソン大会
 
 


 

1)来年へ延期となった第20回大会ゲスト5名の動画応援メッセージを紹介します。
下記リンクよりご覧ください。


高橋 尚子さん
シドニーオリンピック
女子マラソン金メダリスト
瀬古 利彦さん
DeNAアスレティックスエリート
アドバイザー
金 哲彦さん
プロランニングコーチ
 
   
千葉 真子さん
世界陸上メダリスト
荻原 次晴さん
スポーツキャスター
長野オリンピックスキー日本代表
 
   



2)過去大会にゲストとして参加いただいた皆様の応援メッセージを紹介します。



谷口 浩美さん ヨネックス ランニング アドバイザリースタッフ(第11回大会ゲスト)


2022オンライン果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会が開催されますことを心よりお喜び申し上げます。
今年もオンラインでの開催になりますが、走れる事・平和で安全な事に心から感謝です。
それぞれのスタートラインに立ち、オリジナルのコースですが参加者全員が主役です!自己研鑽・目標達成へ向けて己との勝負です。
そして、来年こそは、「ルビー色に輝くさくらんぼロード」を一緒に駆け抜けられることを楽しみにしています!
ご健闘を祈念申し上げます。

中山 竹通さん ソウル・バルセロナオリンピック代表 ランニングアドバイザー(第9回大会ゲスト)


「2022オンライン果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」が開催されますことを心よりお喜び申し上げます。
今回も昨年同様オンラインでの大会となり、走る場所はそれぞれ違いますが、同じ大会に参加している仲間がいるということでモチベーションも上がると思います。
東根のさくらんぼ並木に思いを馳せ、次回はランナーの皆様が笑顔でお互いの健闘を讃えあう大会が開催されますことを切に願っております。


浅井 えり子さん ソウルオリンピック女子マラソン代表(第5回大会ゲスト)


2022オンライン果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会が開催されることを心からお喜び申し上げます。
長引くコロナ禍の影響で、色々なオンライン大会に参加しているランナーも多いのではないでしょうか。私も何回も経験しました。
リアル大会で多くのランナーと共に走れる楽しさはなくても、別の場所で同じ目標を共有して走れることは、普段では味わえない充実感がありました。
参加ランナーの皆さん、多くの仲間がいることを忘れずに、楽しんで走ってください。そして来年こそ、通常の大会が開催されることを願っています。


有森 裕子さん バルセロナ・アトランタオリンピック 女子マラソンメダリスト(第3回大会ゲスト) 


2022オンライン果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会の開催を心からお祝い申し上げます。また、開催にあたり多大なる御尽力を賜る関係の皆様方に深く感謝を申し上げます。
新型コロナウイルス感染症により、困難な状況の中におられる多くの皆様にお見舞い申し上げますとともに一日も早い終息を心から願っております。
オンラインマラソンは2回目の開催になりますが、マラソンを通じた想いを止めず、心のつながりと走れる歓びを感じるとともに、一人一人が楽しんでご参加いただけることを願っております。
ご参加されるランナーの皆様、どうかたくさんの思いと元気を胸にそれぞれの場所で駆け抜けてください!!


櫛部 静二さん 城西大学 男子駅伝部監督(第7回大会ゲスト)


2022オンライン果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会の開催を心よりお喜び申し上げます。
皆さまにおかれましてはコロナ渦においても変わらずに自身と向き合い日々精進されたことと存じます。
今大会を通じて、ご家族や気の合う友人と共にお気に入りのコースでチャレンジし、心と体がより健康になることを願っております。私も皆さまと一緒に走りたいと思います。
ランニングによって人生が豊かになることを祈念しています。


渡辺 康幸さん 住友電気工業株式会社 陸上競技部監督(第8回大会ゲスト) 


『2022オンライン果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会』の開催をお喜び申し上げます。
昨年に引き続き今年もオンラインとなりましたが、大会開催期間中に東根市に伺い、旅館に宿泊して無料のさくらんぼ狩りなどをしながらの「東根満喫コース」も堪能できるとのことで、「通常コース」とのハイブリッド式はまさにコロナ禍におけるマラソン大会の姿なのではと注目しております。大会を支えてくださる運営の皆様、今回のサポートも本当にありがとうございます。
ご自身の居住地で走る方、東根市で走る方各々が自分流のスタイルで楽しみながら完走されますことを心から願っています。